参列者の服装と葬儀以外のマナー

参列者の服装は、以前は通夜の席では喪服を着る必要はないとされていましたが、近年では通夜、または葬儀のどちらかに出席する人が増えてきたため、通夜の時にも葬儀と同様の服装をすることが望ましいです。男性は黒いスーツが基本ですが、職場から直接うかがう場合は、靴下とネクタイを黒に変えて参列すれば大丈夫です。

女性は洋装なら黒や紺などの地味な色のスーツやワンピースが良いです。華美な流行のデザインなどは避けた方が良いでしょう。アクセサリーは涙をイメージさせるパールなら着用しても大丈夫ですが、ダイヤなどの派手なものはマナー違反となります。二連のネックレスは不幸が二重になるという意味があるので、着用できません。

子供の場合は、制服がある場合は制服となります、制服がない場合は、白のシャツやブラウスに紺や黒などの地味なズボンまたはスカートとなります。シャツのボタンは上まできちんと留め、髪が長い場合はスッキリとまとめて髪飾りはつけません。靴下は白または黒が望ましく、派手な色やデザインは避けましょう。

通常、通夜の後には通夜ぶるまい、葬儀の後には精進おとしがふるまわれます。参列者は個人に対する供養も含めて、席に着き一口でもいただくのがマナーです。その際、アルコールが提供されていることが多いのですが、飲み過ぎてしまうのはマナー違反です。故人を偲ぶ場合は、通夜、葬儀だけでなく一周忌などでも乾杯ではなく、献杯となり、高くグラスをあげたり、隣の人とグラスを合わせたりもしません。故人の思い出話をすることは、遺族の方もうれしいこととは思いますが、大きな声で話したり長居することはやめましょう。