参列者の葬儀のマナー

遺族の方は親しい身内を亡くされたばかりで、冷静な状態ではない可能性があります。参列する側のちょっとしたマナーのない行動が、遺族の方を不愉快な思いにさせてしまうことがあるので、十分気をつけるべきです。通夜や葬儀には、定刻より少し早めに到着し、10分前までには受付を済ませるようにします。遅刻はマナー違反ですが、早く着きすぎても、準備が整っていない場合があるので避けるべきです。

受付ではお悔やみを述べてから、ふくさから香典を取り出し渡します。その際、名前が相手から読める向きにして両手で渡します。芳名帳に名前と住所を書きもう一度黙礼します。受付がない場合は、焼香の時に祭壇に供えるのがよいでしょう。事情によって途中で帰らなければならない場合は、末席に座り周囲に迷惑がかからないように静かに退出します。式場では大きな声で話すことは控えます。知人に会うこともあるでしょうが、その場合も小さな声で挨拶する程度にしましょう。

葬儀と通夜の最中は、遺族に話しかけず黙礼する程度がマナーです。葬儀の通夜の後に遺族に話しかける場合も、他の人へ配慮し長くならないようにします。遺族の方へかける言葉は、この度はご愁傷様です、この度は突然のことでございまして、などが一般的です。

香典は通夜か葬儀のどちらかに渡します。両方に参列する場合は通夜の時に渡す人が多いようです。その場合、葬儀の時には受付で記帳するだけにします。通夜や葬儀に参列できない場合は、現金書留の封筒に入れて郵送しても大丈夫です。