葬儀・通夜の香典のマナー

香典を包む不祝儀袋の表書きは、宗教によって異なるので、遺族の方や葬儀社にどのような形で通夜や葬儀を行うのか確認した方が良いでしょう。仏式では、御霊前、御香典、御仏前となります。神式では御玉串料、御榊料となります。キリスト教の場合は御花料となります。事前に確認できない場合は、御霊前とすると全ての宗教で受け入れられるので、マナー違反にはなりません。自分の名前を表面に書きますが、このとき涙でかすんでおりますという意味を込めて、薄いインクで書くのが正式なマナーです。しかし、最近では毛筆で書くことが少なくなったので、そこまでこだわらなくなってきました。

不祝儀袋は香典の金額によって違ってきます。包む金額が5千円以下なら、水引が印刷された略式のもので対応できます。1万円から2万円の場合は、白と黒の印刷ではなく水引のあるものを使用します。3万円から5万円なら双方銀色の水引を使用し、10万円以上の場合は、大判のものとなります。

裏面は上の折りを下の折りにかぶせて水引をかけます。慶事の場合は逆になるので、十分に気をつけましょう。向ける方向に迷ったときは、基本的に慶事の時は喜びを表すように上向きに、弔事の時は悲しみを表すために下向きになるので、覚えておくと便利です。

金額の目安は、友人・近隣・職場関係などは5千円から1万円となります。叔父・叔母の場合は1万円から3万円です。祖父母の場合も同じく1万円から3万円です。兄弟・姉妹は3万円から5万円がそれぞれの関係に対しての大体の金額ですが、どれほど親しかったのかによっても違ってきます。